ジョウビタキ メス

 Daurian Redstart(ドーリアのジョウビタキ)

 全長15cm 翼開長22㎝ ツグミ科

図鑑より抜粋冬鳥として全国に飛来し、田畑や林縁などを好む。
秋冬には雌雄1羽ずつ縄張りを持ち、昆虫や木の実を食す。
4月にはほとんどが北方の大陸に渡る。

オスは胸から腹にかけてのオレンジ色と、灰褐色の頭が特徴。
メスは全体に灰褐色で翼に白班がある

豪雪地魚沼で冬のバードウォッチングに
文字通り色を添えてくれるのは
ジョウビタキのオスですが、メスも愛らしく
縄張り意識が強いせいか、モデルとなりやすい。

2021年1月7日撮影(画像クリックで大画面へ)













イカル(1)

Japanese Grosbeak(日本のシメ)  
  全長23cm 翼開長33㎝  アトリ科
図鑑より抜粋北海道~九州の低地から山地の落葉広葉樹林で繁殖するが、九州、四国では少ない。

秋冬は暖地や山麓、丘陵に移動し越冬し、繁殖期には昆虫を捕るが桜などの果実も好む。
越冬期には数羽から数十羽の群れで行動し、雑木林で種子を食べるが、農作物を食すこともある。


キーコーキーと良く響くきれいな声で気が付きますし
里山にも、銀山平にも生息しよく目にします。
黄色い嘴とグレーの体が特徴、木陰にいるので
写真はあまりよく撮れたものがなく、今後に期待

2019年7月26日撮影 (画像クリックで大画面へ)









クマタカの幼鳥 7

 

 Mountain Hawk Eagle(意訳:山岳のタカワシ)

   全長♂72㎝♀80㎝ 翼開長140~165㎝ タカ科

図鑑より抜粋北海道~九州の山地で繁殖する留鳥だが個体数が少ない。
山地帯~亜高山帯の落葉広葉樹林や針葉樹林に住み、高木の多い原生林を好む。
食物連鎖の最上位として、野ウサギなどの哺乳類、キジやカケス等の鳥類、ヘビなどを食べる。

1年中生息する留鳥で大型のタカですが、魚沼の里にも生息しています。


10月25日に姿を見て以来、時々鳴き声はするものの
姿を見かけなくなっていたクマタカの幼鳥。

巣立ちから別の場所へ移動したのかと諦めて
いましたが12月4日の散歩中、裏山の下付近で
鳴き声を確認、探していると木々を飛び移る
姿を確認でき、しばらく立ち止まってその姿を
見守りました。

木立に飛び込むと見失いますが、しばらく待つと
鳴き声が響き、ササッと移動してくれたのが幸い
久々に元気な姿を撮ることが出来ました。

2020年12月4日 撮影(画像クリックで拡大します)

















カワラヒワ(1)

 Oriental Greenfinch(東洋の緑のアトリ)

  全長14cm 翼開長24㎝ アトリ科

図鑑より抜粋北海道~九州の平地や低山の林、畑、公園、河原などに生息
地面に下り草の実や種を食べ、主に杉や針葉樹の枝に営巣する

田畑でよく見かける野鳥ですが、ちらっと見える
翼の黄色で見分けられ、時に群れとなって移動する。

2018年3月14日撮影(画像クリックで拡大します)

2020年4月28日撮影


9月6日
12月4日



クマタカの幼鳥 6

 

 Mountain Hawk Eagle(意訳:山岳のタカワシ)

全長♂72㎝♀80㎝ 翼開長140~165㎝ タカ科

図鑑より抜粋北海道~九州の山地で繁殖する留鳥だが個体数が少ない。
山地帯~亜高山帯の落葉広葉樹林や針葉樹林に住み、高木の多い原生林を好む。
食物連鎖の最上位として、野ウサギなどの哺乳類、キジやカケス等の鳥類、ヘビなどを食べる。

1年中生息する留鳥で大型のタカですが、魚沼の里にも生息しています。


 雨の日にも現れたクマタカの幼鳥、上手く餌が獲れて
いないのかと心配する中、翌日は晴天に畑の芋掘り作業。

前回も畑仕事中にクマタカが来たので、今回は近くに
カメラを置いての作業。

予想通りに作業が進む中、クマタカ幼鳥の声が聞こえ
どうも2羽の声がしている様子、徐々に近くなり
急いでカメラを取りに行く途中で現れた2羽の猛禽!

前にいた猛禽が逃げている様子で、鳴き声を上げ
あっという間に通過し近くの杉林に飛び込んでしまいました。

何とかカメラを構えるころには、追ってきた猛禽1羽
深追いする事もなく、上空を優雅に旋回しそのまま
立ち去って行ったのですが、これは親鳥だったの?

又は違うクマタカがきて追いやったのか?
疑問は解決できませんが、旋回写真をアップ
幼鳥ではないのだろうと思うのですが、如何?

  (画像クリックで拡大ます)

10月27日10:39~ 撮影 大人のクマタカ















クマタカの幼鳥 5

 

 Mountain Hawk Eagle(意訳:山岳のタカワシ)

 全長♂72㎝♀80㎝ 翼開長140~165㎝ タカ科

図鑑より抜粋北海道~九州の山地で繁殖する留鳥だが個体数が少ない。
山地帯~亜高山帯の落葉広葉樹林や針葉樹林に住み、高木の多い原生林を好む。
食物連鎖の最上位として、野ウサギなどの哺乳類、キジやカケス等の鳥類、ヘビなどを食べる。

1年中生息する留鳥で大型のタカですが、魚沼の里にも生息しています。


10月後半には頻繁に姿を見せ始めたクマタカの幼鳥

雨天には来ないと諦めていた中、窓越しに飛んでくる
猛禽を見かけ、そっと裏山に面した窓から覗くと
すぐ目の前の木に止まっているクマタカを発見!

小雨に打たれながらもジッとしている姿に
カメラを向けしばし撮影、ほとんど動きがなく
上階に上がり窓からのウォッチングを再開しても
静止状態が続いたので、フィールドスコープと
スマホに百均の接写レンズを点けてのコンビ撮影へ!
 (画像クリックで拡大ます)
10月26日  8:57~撮影 雨天の中で






フィールドスコープのzoom撮影  9:08







あまりに長くジッとしているのでいったん終了!
その後も時々覗いていたら、姿が見えない・・・

飛び去ったと思ったら、真下の地面から近くの屋根に
飛び移った猛禽、近くでカラスが騒いでいました。

まさに飛び移った感じで近くの屋根に下りると
直ぐにやってきた2羽のカラスが威嚇開始

暫くカラスに攻防するクマタカ幼鳥の様子を連写!
(画像クリックから下の画像を素早くクリックすると
 連写が移り替わり羽ばたき効果が増しますよ)

9:39~   カラスに威嚇されるクマタカ幼鳥































しばらく翼を広げてカラスを追いはらっていたクマタカも
結局飛び去る事で平和的解決に・・・

やっと落ち着いたようで身繕いを始めていました。

10:00~ 撮影